喫茶去

2012年11月

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

c35fe5ce.jpg

今年も始めました、イルミネーション。

お手伝いを頂き積雪前に完成です。

今年は節電の冬、LEDを駆使、そして点灯時間も抑えます。

[E:heart04][E:heart04]最後したまでお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

14a5a66f.jpg

ドラマでは「深夜食堂」とか「孤独のグルメ」なんか好きです。

愛読書、ビックコミックオリジナルに付いてきたおまけ。

深夜食堂のコースターです。

c0d896b1.jpg

使い捨てではもったいないのでラミネート加工しました。

・・・・まぁ~るく切るのって難しいです。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

9817c2b6.jpg

復活オープンから1年も過ぎた中頓別町唯一の銭湯「黄金湯」。

この度、リニューアルしてさらに新しい黄金湯が誕生しました。

・・・・その名も『森のかけらのお風呂』です。

     黄金湯通信11月号は → こちら

3c1144a4.jpg

オーナーの渡辺さん、念願の夢が叶いました。

そう、「森のかけら」とは薪、「夢」とは地元の薪でお風呂を沸かそうと。。。

そして11月19日から新たに設置した薪のボイラーで沸かしたお風呂が誕生しました。

832bd9e5.jpg

暖簾をくぐると、ほんのり懐かしい薪の焚けた香り。

そしてお風呂上がりのロビーのお客さんは心なしか微笑みで溢れています。

拝見させて頂いたボイラーは壮観。

顔を火照らせて覗いたその中にはちゃっかり焼き芋も入っていたりして。。。。

何とも良い雰囲気のお風呂屋さんに生まれ変わりました。

便利な灯油や重油と違って薪ボイラーとなると管理が大変なことでしょう。

薪のストックから移動、そして火加減の管理やら薪くべ。

・・・・しかし、ここはかつて道北を代表する林業の街中頓別。

「遠い国からタンカーで運ばれてくる燃料で沸かす銭湯はこの町には似合わない・・・・」

そう言いきるオーナーの渡辺さんの心意気には心惹かれます。

中頓別名物がまた一つ増えました。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

  

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

63b29973.jpg

一般的に音響条件の悪い車の中にあって、さらに環境が劣悪なミニ。

快適に音楽を聴こうという事はほぼ無理な注文。

しかし、ミニはリアトランクが丁度良いエンクロージャー(箱)となる好条件もあります。

そこで選んだのはJBL TMseries 6×9インチ。

楕円形の同軸3ウェイでマグネットはJBLらしく巨大。

純正用の穴には収まりきらないのでボディへの穴あけ作業が必要です。

フロントドアにもスピーカを付けて4スピーカーにすると、少しはマシになります。

・・・・とは言っても移動中は日高晤郎ショーとかラジオが多いですが。。。。。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

908ce546.jpg

だしの効いた甘めのつゆ、パッと出てきてササッと食べれるのが何とも魅力。

立ちそばと言えば駅とか繁華街、またはパチンコ屋さんの近所などでしょうか。

稚内郊外、何の変哲もない国道淵の住宅街にあるこの立ちそばやさん。

実はこのお店、稚内市民や観光客にはとても深い縁のある立ちそばやさんです。

9953f2c9.jpg

稚内市、萩見5丁目(国道40号沿い)の盛田屋。

元々唐揚げやさんだったお店をリニューアルして新装開店です。

そしてその元は稚内駅構内にあった「そば処宗谷」の復活開店でもあるようです。

稚内駅の新築移転にともなって惜しまれつつ閉店したのが昨年春の事でした。

   駅そば当時は → こちら

133bf8ee.jpg

値段も駅そばの頃と変わらないのは嬉しいです。

そして気になるのが以前は無かったはずの替え玉、100円。

今回はおにぎりを選択したのでそれは次回に。

駅当時の人気メニュー、カレーそば、うどんが無いのは少々残念です。

70f12e77.jpg

こちらはもう一つの看板メニュー「ザンキ7個入り」、500円。

熱々揚げたてでカラッと揚がって仕上げには魔法の粉がふりかかっています。

駅とはまた違う雰囲気の立ちそばやさん。

椅子席もあってゆっくりも出来るお店です。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

f21f2ab3.jpg

以前、テレビで紹介されていたイギリストーストという名のパン。

青森県民のソウルフードと言われる噂のパンです。

とても気になっていたこのパン、幸運なことに土産に戴きました。

f65dceea.jpg

甘みのある薄く切った食パンにマーガリンとグラニュー糖をサンド。

大人も子どもも美味しく頂ける甘みと柔らかさが人気の秘密でしょうか。

特別なものではなく、決して唸るような驚きのあるパンではありません。

しかし、飽きの来ない美味しさといつでも安心して食べることが出来る身近なパン。

そこが青森県民に愛されている由縁なんでしょうね。

ふと、食べながら30年前に亡くなった青森出身の優しいおばあちゃんを思い出しました。

三代目さん、ありがとう。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

d00ef734.jpg

シビエのダブル反射「10 DE」(レプリカ)。

丸2灯でありながらLoとHi別々のバルブと反射板という珍しいタイプです。

同じシビエのバイオスカー、マーシャルのラリースペシャルと試してきました。

いずれもダブル反射ですがレンズが平面。

しかしこの10 DEは出目金のような曲面、やっぱりミニには似合います。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

cb89f33c.jpg

熱燗の美味しい季節になりました。

お酒が美味しければそれに合わせる肴もさらに美味しくなりますね。

稚内・道の駅近くの明田鮮魚店で4~5年前から売り出している「蒸しウニ」。

ハマグリの貝殻に蒸したバフンウニがてんこ盛り、圧巻の存在感です。

炙って焼ウニも良いですし、そのままわさび醤油をちょっと垂らしても最高。

8a4fdbbe.jpg

〆には温かいご飯に刻んだガリと鮭フレーク。

そこに、そのために残した蒸しウニをちらして蒸しウニ丼の出来上がり。。。。。

正味40g、ぎっしり詰まっているので貝からほぐすと結構な量になります。

小売価格はその時々で変わり、1個400円前後。

とても贅沢に味わうことが出来る逸品です。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

   ↑ 参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

4aef4eb8.jpg

野球ではプロアマ問わず誤審はつきもの。

ビデオ判定ばかりになっては野球の醍醐味がそがれるのも事実でしょう。

今回のジャッジは100歩譲ってやむを得ない、としましょう。



しかし、許せないのは加藤選手。

野球選手としてと言うより『人』として如何なんでしょうか。

でなければ監督やコーチはこういう時はこうしろ、と指導や練習をしているのでしょうか。

やれ「子供たちに・・・」とか「みなさんに勇気を・・・」とか美しいことを言っている巨人。

「巨人軍は紳士たれ。。。。」いまや「巨人軍はくそったれ」です。

[E:heart04][E:heart04]最後までお読み頂きありがとうございました[E:heart04][E:heart04]

。。。。。。。こちらにも参加しています!

     にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

このページのトップヘ