喫茶去

2016年03月

   
参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

甘エビ2

甘エビ

春一番の恒例イベント、「甘エビツーリング」の開催が決定しました。

下記の日程で開催いたします。

ミニにお乗りの方はもちろんミニに興味のある方、ご参加をお待ちしています。


※開催日  平成28年4月10日(日曜日)

※集合場所 ①道北方面 午前8:00  旭川市台場2-3 セイコーマート駐車場

      ②道央方面 午前8:40  道の駅アイスランド深川

※解散   現地(増毛)にて午後2:00頃の解散を予定しています。




待ちにまったシーズンがいよいよ始まります。

旬の味覚、日本海の甘エビを求めに留萌管内増毛町を目指します。
増毛港町市場のHPは → こちら

お昼ごはんは増毛町のお寿司屋さん「まつくら」を予定しています。
まつくらさんの食べログは →  こちら

甘エビ1


このイベントに関するお問い合わせは → hidehiro@smile.ocn.ne.jp  まで。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪





この時期になると昼夜を問わず、様々な動物が飛び出してきます。

エゾシカ、キタキツネ、タヌキ、ウサギ。。。。

ヒグマも何度か出くわしました。


はねてしまったらもちろん可哀想ですが、車へのダメージも相当あります。

陽気につられてぼんやりしていると大変なことになりますね。


動物たちはエサを求めて活発に活動する季節。

安全運転です。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

ぱんぷきん6

美深町郊外。

道の駅「びふか」にほど近い、広い畑に瀟洒な黄色い一軒家。

この冬、新しく開店したカフェ、「スズキパンプキン」です。


夜の国道にひときは明るく照らされたお店です。

ぱんぷきん1

ぱんぷきん2

住宅に併設されたカウンター席の小さなカフェ。

神奈川ご出身のオーナーさんが切り盛りする優しさの漂うお店です。


看板は店先にあるだけなのでここにお店があることに気が付かないほどです。

しかも、オープンは週末の3日間限定、さらに11月~4月頃まで。


春から秋は農繁期、農作業でお店に出られないのでお休みになるそうです。

営業時間は11時~22時、遅くまで開いているのは嬉しいです。

ぱんぷきん3

メニューは美深の特産農作物を使ったもの、特にカボチャ料理が多いです。

それにしてもお値段が控えめ。

400~600円でおいしそうなメニューがたくさんあります。

ぱんぷきん5

この豪華でボリュームいっぱいのビーフシチューが600円。

しかもパンorライスが付きます。

ゴロゴロの柔らかい牛肉、にんじん、ジャガイモなど。

ぱんぷきん4

こちらはカレーライス、550円。

甘口の家系的なカレーににんじん、ジャガイモ、ポークが具沢山。


次回はパスタやスィーツを頂きましょう。

おいしそうなピザもたくさんあるし。


畑の真ん中に明るく照らされたカナディアンハウス。

その住宅の一角の小さなカフェ。

手作りのおいしい料理と優しいオーナーさん。

看板の灯りが点いていたら寄りたくなるお店です。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

市役所

稚内市役所には食堂がありません。

しかし、エレベーターに乗って5階を見ると食事室なるものが。

さて、そこに行ってみると。。。

市役所4

市役所1

テーブルが並んでいて給湯設備や喫煙室、マッサージチェアー等もあります。

自動販売機もたくさんあり、売店にはお弁当やカップ麺が並んでいます。

手作りのお弁当、パンやサンドイッチ類もあります。

市役所2

市役所3

この日、5種類ほどあったお弁当はのっけ型、どんぶり方式です。

豚丼、鶏丼、焼きうどん、きのこパスタ等々。

市内の「丸ちゃん」という居酒屋さんが作っている弁当です。

お弁当はその他、助六やおにぎり、おにぎり弁当など。

市役所5

市役所6

いただいたのは照り焼きののった鶏丼(500円)。

照り焼きのほか卵焼き、シューマイ、ウインナーや漬物など。

ご飯の量は少ないですがおかずのボリュームは十分。


作っている居酒屋丸ちゃんってどんなお店なんだろう・・・

一緒に買ったワンタンもマルちゃんだし、マルちゃん繋がりか~・・・

などと思いながらおいしく頂きました。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

稚内駅弁1

北海道新幹線がまもなく開通。

そのあおりで廃止される列車もあるそうで、何かと話題の多いJR。

車の移動がほとんどなのでJRを利用する機会は非常に少ないです。


しかし、食べることが好きなものにとって「駅弁」はとても魅力的。

見ているだけでワクワクします。

稚内駅弁2稚内駅弁3

日本最北の駅、稚内駅。

駅の複合施設「キタカラ」には駅弁コーナーがあります。


おおよそ10種類ほどの駅弁を販売しています。

時間によっては売り切れもありますが、今日は8種類の駅弁がありました。

これは、かなり迷います。

稚内駅弁4-1

稚内駅弁6

稚内駅弁7

稚内駅の定番駅弁といえばこれ。

食堂ふじ田製の「わっかない弁当」の「かに弁当」。(1130円)
酢飯の上にかにのほぐし身がびっちりちりばめられています。

かにの種類はズワイガニです。


付け合わせに竹の子、煮ホタテ、漬け物。

見た目も良いし、食べても美味しい「かに弁当」です。

稚内駅弁5-1

稚内駅弁8

稚内駅弁9

「三宝めし」という名の豪華なお弁当。(1150円)

ウニ、かに、いくらの三種類のご飯が入った贅沢なお弁当です。

ウニは蒸しウニと錦糸たまご、ご飯は茶飯です。

かにはズワイの爪とほぐし身、ご飯は酢飯。

いくらは鮭のフレークと錦糸たまご、ご飯は白米。


三種ともそれぞれの素材を楽しめる美味しいお弁当です。


列車に乗らなくても駅の施設で買える「駅弁」。

車での移動中でも駅に立ち寄って旅情に耽るのも良いかもしれません。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

稚内振興局食堂1

稚内振興局食堂2

宗谷総合振興局の所在地である稚内市。

人口は約3万6千人、道や国の機関が集まり道北では旭川に次ぐ大きな街です。


宗谷総合振興局の入る宗谷合同庁舎。

その建物の4階に食堂はあります。

稚内振興局食堂3

稚内振興局食堂4稚内振興局食堂5

庁舎入り口の掲示板には今週の日替わりメニューが。

そして4階食堂入口には券売機とメニューがあります。

さて、今日の日替わりは・・・チーズカツ(550円)とあります。


ライスが普通でも大盛でも100円、納豆が50円、生たまごが30円。

ってことは、いざとなったら百円台でお昼を済ませることが出来るんだね。

稚内振興局食堂8

仕組みはいたって簡単。

食券を買いトレーを持って各種類別のカウンターに行けば後は待つだけ。

ご飯や漬物、味噌汁、各ドレッシング類は別のカウンターにあります。

定食類のご飯は自分で好きなだけ盛ることが出来るのが嬉しいですね。

稚内振興局食堂7

稚内振興局食堂6

今日の日替わり定食「チーズカツ」。

薄焼きのロース肉をチーズに巻いたカツです。

鶏ささみではよく見かけますが豚の薄切り肉でも美味しいですね。


ほぼ揚げたてで付け合わせのほかに小鉢も付いてボリュームもあります。

これで550円。

スタッフの気配りも良いし活気もあってメニューもそこそこあって安い。


お昼のひとときはほぼ満席。

庁舎職員のみならず一般市民も利用することができる食堂です。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪



ゆっきー1

雪国で暮らす上で一番の厄介な問題は除雪。

どうしても機械に頼らざるを得ない、そんな悩みを抱えています。

限られた時間で一気に除雪となれば頼もしいのはやっぱり除雪機。


我が家の主力の除雪機は「YAMAHA 1080ED」。

10馬力の比較的大型の除雪機です。

能力は申し分ないのですが、やはり女性に操作させるのはちょっと心配。

ゆっきー3

そしてこの冬、我が家にやってきたのは小型除雪機「ゆっきー」。

ソリが付いている手押し式です。

なので、キャタピラに踏まれたり除雪機に挟まれたりの心配はありません。

取り回しもママさんダンプ程なので難しくないでしょう。


しかし、難点はセルが無く、リコイル式。

紐を引っ張ってエンジンを始動するタイプです。


寒い朝、エンジンがかかるまでにひと汗かいてしまいます。

まあ、それでも頑張って除雪しましょうね。



banner (2)


最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

ATカバー

長い冬眠生活を終えようとしている「ミニ」。

春が近づくとやっぱりワクワク。

久々にミニいじりのネタです。


簡単と思われる作業でもきっちりと試練を与えてくれるのがミニという車。

それもまた楽しいミニライフです。

ATカバー1

ATカバー2

ATシフトのカバーがどうしてなったのか分からないけど、ガタガタになりました。

純正で交換すれば費用もさほどでは無いのですが・・・・


ちょっとしゃれた感じの「MINI DELTA」製のATシフトボックスに交換です。

ATカバー5

シフトノブを外し、カバーはすぐに外れます。

そのカバーの中には4本のボルトで止まった堅牢なボックス。

構造的にはこれを取り替えて新しいミニデルタ製のボックスに替えます。

ATカバー8

割ピンで止まったシャフトを抜いてシフトレバーを外します。

そしてそのまま新しいボックスにセットすれば出来上がり。

ここまでの作業は至って簡単。


さて、車のボディに4本のボルトで締めるだけの作業がうまくいきません。

セットしてもシフトレバーが動かないので、元に戻してまたやり直し。

どうやらPレンジよりNレンジでセットした方がやりやすいことが判明。

正味30分くらいと思われた作業もすったもんだで1時間半ほどかかりました。

ATカバー6

ATカバー1 ATカバー7

Before and After

クラシカルな雰囲気に変わりました。

出来上がってしまえば少々手こずった作業も忘れて大満足。


尽きることの無いカスタマイズは続きます。


banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

喜田や1

喜田や2

なかなか読みにくい屋号です。

「きたや」さんとお読みする西條枝幸店のすぐそばのお店です。


幾度かお昼時に伺いましたがいつも満席。

なかなか縁が無かったのですが、今日は大丈夫。

って事で、初めての訪問です。

喜田や3

喜田や4

定食や丼物、麺類と豊富なメニュー。

その中から選んだのは醤油チャーシューメン。


一枚乗った海苔が目立ちます。

チャーシューは4枚、ロース肉のようです。

そのほかの具はナルトにメンマ、ねぎ少々。

喜田や6

喜田や5

しっかりした食感のロースのチャーシュー。

チャーシューメンなのでもう少々欲しいところですが肉厚なので結構十分。


麺は中細の縮れ麺、スープが絡んで美味しいです。

さて、そのスープ。

化学調味料を使っていないか、使っていてもごく少量でしょうか。

すっきりとしてさっぱりとした昆布や海鮮系の出汁のスープ。

ちょっと珍しいタイプの醤油味で、普段は濃い味で脂多め派にはパンチが不足か。


しかし、美味しいです。

塩分も控えめで素材を生かした癖になるおいしさ。

これが人気の秘密なのかも知れません。



banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

    参加しています! ポチッとクリックよろしくね♪

トランペット1

「セルマーのトランペットだけどいらない?」

そんな連絡が来て、「いるいる~、タダならもらう~」と即答。


セルマーといえばサキソフォーンが有名ですが、中学生の頃憧れたトランペット。

そんな憧れた頃の面影もなくタンボールに入って我が家に届きました。


ケースもなにもなく、プチプチに包まれた、なんとも可哀想なトランペットです。

知ってるセルマーはフランスの楽器メーカーですが、こちらはUSA Selmaer 。

かの有名トランペット、ヴィンセント・バックを傘下に持つ会社なんですね。

トランペット22

ラッカー塗装が痛み、へこみや傷も少々。

第2バルブが固着していて各調整管も動きません。

唾抜きのコルクも駄目みたいです。


見覚えのあるセルマーとは別物の、初めて見るタイプです。

試しに吹いてみたら鳴りも良く、非常に軽く感じるトランペットじゃないですか。

復活させるには申し分ない状態です。

トランペット33

CLAUDE GORDONとの刻印があります。

もしやこれは。。。。


いろいろ調べてみたら極太のボアが特徴でクラウド・ゴードンが監修したもの。

クラウド・ゴードン氏は金管楽器教師として世界的に著明な方のようです。

彼がいくつかの楽器メーカに働きかけて作ったのがCLAUDE GORDONモデル。

そのひとつがCG Selmer といわれ、セルマー社(V.バック)に作らせたもの。

2002年頃までに僅か2000本しか作られなかった希少なトランペット。

まずは分解してきれいに掃除をするところからはじめましょう。


クラウド・ゴードンについては → こちら

このトランペットについては → こちら

banner (2)

最後までお読み頂きありがとうございました

 こちらにも参加しています!

 にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ  にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道北情報へ にほんブログ村 車ブログ イギリス車へ
.

このページのトップヘ